キリスト教 プロテスタント教会
HOME キリスト教会 大阪府 高槻福音自由教会

教会案内 大阪府 高槻福音自由教会
教会の歴史
教会の特徴
牧師紹介
交通案内
阿武山福音自由教会の紹介
【English 】

集会案内 キリスト教会 大阪府 高槻福音自由教会
集会案内
行事予定
2018 クリスマス礼拝
工藤篤子クリスマス・コンサート
教会学校 クリスマス会2018
第8回ミニチャリティバザー

福音自由教会とは キリスト教会 大阪府
信仰の立場
証し集「落ち穂」よりK
ジョイジョイクラブ

今までのMessages
Message バックナンバー
<2019年〜>
<2016年>
<2015年>
<2010〜14年>

宗教法人高槻福音自由教会 ご連絡先 キリスト教会 大阪府
新年・2019年(創世記より)
神を誉めたたえよう

聖書は神さまのみことば

2019、2018、2017年 Messages

年月日 聖書箇所
2018年12月9日 「信じる者は、なんと幸い」
ルカ1章39〜45節 拝高 潤一 師

 今日のところは、御使いから受胎告知を受けたマリアが、エリサベツのもとへと行った時のことが記されています。マリアがエリサベツのところに着くなり、聖霊に満たされたエリサベツはマリアに「女の中で最も祝福された方」と、社会的に見れば、未婚の女性として最も悲惨な状況にあるマリアに対して、その身に起こっていることが神様からの祝福であると励まします。そして、その祝福を受ける基とは、「主によって語られたことは必ず実現すると信じた」ことであり、信じたマリアは、「幸い」だと述べられます。私たちも今アドベントを迎え、世間的にはクリスマス一色になり、楽しい雰囲気に包まれていますが、しかし聖書が私たちに示す喜び、幸いは、雰囲気ではありません。聖書が示す幸いは、神のことばを信頼するという生き方です。私たちも、エリサベツとマリアのように理解するだけでなく、みことばを受け止め、信じ、信頼していきたいと思います。

COPYRIGHT(C)2010 高槻福音自由教会 キリスト教 ALL RIGHTS RESERVED.