キリスト教 プロテスタント教会
HOME キリスト教会 大阪府 高槻福音自由教会

教会案内 大阪府 高槻福音自由教会
教会の歴史
教会の特徴
牧師紹介
交通案内
阿武山福音自由教会の紹介
【English 】

集会案内 キリスト教会 大阪府 高槻福音自由教会
集会案内
行事予定
教会学校 夏キャンプ2018
第12回コイノニア祭2018/7
教会学校春の遠足2018/5
第28回チャーチコンサート2017

福音自由教会とは キリスト教会 大阪府
信仰の立場
証し集「落ち穂」よりK
ジョイジョイクラブ
<今までの更新記録>

今までのMessages
Message バックナンバー
<2018年、2017年>
<2016年>
<2015年>
<2010〜14年>

宗教法人高槻福音自由教会 ご連絡先 キリスト教会 大阪府
新年・2018年(創世記より)
神を誉めたたえよう

聖書は神さまのみことば

2018年、2017年 Messages

年月日 聖書箇所
2018年9月30日 「負える重荷を降ろせば」 
マタイ11章28節 拝高 潤一 師

 このマタイ11章28節のことばは、イエス様の私たちへの招きのことばです。私たちは皆、「疲れた人」、「重荷を負っている人」ではないかと思います。では、「重荷」とは何か。一つ目が、それは私たちが日常的に抱えている、人生の問題、課題です。そして二つ目が、私たちを造られた神様から離れ生きて行くという「罪」です。私たちは、この「重荷」を降ろせる場所を探し、さまよっているのではないでしょうか。その私たちに、イエス様は「わたしのもとに来なさい」と招かれます。イエス様は招かれただけでなく、私たちの「罪」という「重荷」を代わりに背負い、十字架にかかって、私たちのために死んでくださいました。そしてイエス様は、死んでから三日後に復活されました。この復活により、永遠の「いのち」をこの世にもたらせてくだいました。ですから私たちが、イエス様の元に「重荷」を降ろすならば、「罪」という「重荷」から解放されるだけでなく、永遠の「いのち」を賜ることになります。イエス様の愛の招きに応え、あなたの「重荷」をイエス様の元に降ろしませんか。

COPYRIGHT(C)2010 高槻福音自由教会 キリスト教 ALL RIGHTS RESERVED.