キリスト教 プロテスタント教会
HOME キリスト教会 大阪府 高槻福音自由教会

教会案内 大阪府 高槻福音自由教会
教会の歴史
教会の特徴
牧師紹介
交通案内
阿武山福音自由教会の紹介
【English 】

集会案内 キリスト教会 大阪府 高槻福音自由教会
集会案内
行事予定
第11回コイノニア祭2017/7
第28回チャーチコンサート2017
子どもクリスマス会2016
第6回ミニバザー&秋祭り

福音自由教会とは キリスト教会 大阪府
信仰の立場
証し集「落ち穂」よりK
ジョイジョイクラブ
<今までの更新記録>

今までのMessages
Message バックナンバー
<2018年、2017年>
<2016年>
<2015年>
<2010〜14年>

宗教法人高槻福音自由教会 ご連絡先 キリスト教会 大阪府
新年・2018年(創世記より)
神を誉めたたえよう

聖書は神さまのみことば

2016年 Messages

年月日 聖書箇所
2016年10月2日 「エルサレム会議・重荷を負わせることはない」
吉澤盛男兄
(使徒15:22〜29)

アンテオケの教会は、異邦人を主たるメンバーとする最初の教会でしたが、ユダヤ人たちの教会からある人々がやって来て、「異邦人は割礼を受けなければ救われない」と語ったことから、このことをめぐって、アンテオケ教会を指導していたパウロやバルナバとの間に激しい対立、論争が起りました。それに対してパウロやバルナバは、私たちが救われるのは割礼という印を身に負うことによってではないし、律法を守り行うことによってでもない、私たちは、イエス・キリストの十字架と復活によって神様が与えて下さる罪の赦しの恵みによって救われるのだ。だから、異邦人は異邦人のままで、割礼を受けていなくても、主イエスを信じる信仰によって救われるのだと主張しました。この対立は、単に割礼という一つの儀式を行うか否かということではありません。人は何によって救われるのか、という信仰の根本にかかわることをめぐる対立でした。私たちが今救いにあずかっているのは、儀式や特定の生活様式を守ることによってではなく、ただイエスキリストの恵みによるのです。

COPYRIGHT(C)2010 高槻福音自由教会 キリスト教 ALL RIGHTS RESERVED.